ミニマルライフ

【朝食抜きはツライ?】一日二食を2ヶ月続けた感想

こんにちは、ミニマリストかるみです。

 

一日二食の生活を続けて2か月ほど経過しました。どこの食事をしないかというと、朝ですね。

 

そこで、今回は朝食抜きの生活を2か月続けた感想を書いていきたいと思います。

 

 

なぜ一日二食にしたか

なぜ一日二食にしたかと言うと、ぼくの場合シンプルに午前の眠気が半端なかったからです。

 

これまでは、朝は大抵、菓子パンなど何かしら口に入れたりしてましたが、まあ眠かったです。授業に集中できませんでした。

 

でも、たまにですが朝ご飯を買い忘れて朝食抜きの日があったんです。

 

その日は、気持ち眠気があまりないような気がしました。

 

現在は、朝の10時ごろまではブログを書いています。ぶっちゃけ自分は朝に頑張りたいタイプなので、朝に作業ができないと割と午後萎えてしまいます。

 

つまり、朝の集中力は重要なのです。

 

まあ実際のところ、本当に朝食のせいかは不明ですが、少なからず朝食を食べたことによる満腹感で眠気を感じてしまい、手が進まないなあと思うことがありました。

 

こういった理由で、朝食抜きの一日二食生活が始まりました。

 

一日二食の感想【メリットとデメリット】

では、早速一日二食の感想を書いていきたいと思います。

 

一日二食で感じたメリット

まず、メリットからですね。以下の3点です。

・午前に眠くなることがなくなった

・朝の時間が増えた

・特に体調が悪くなったとかはない

 

午前に眠くなることがなくなった

無事、午前に眠くなったりすることはなくなりました。本来の目的達成です。

 

むしろ、眠くならないどころか頭がとてもすっきりした状態で作業ができるようになったなと感じています。

 

思えば小さいころから「朝ご飯を食べないと、頭動かないよ!」と言われてきて、それを盲信していたので、不思議ですよね。

 

よく考えたら、あの時は育ちざかりで栄養をたくさん取るべき年だったからなんですかね。

 

今は成長期も過ぎたので、食べなくても大丈夫そうというか、食べないほうがエネルギーを摂り過ぎないので良いのかも。

 

 

朝の時間が増えた

朝の時間がわりと増えました。

 

まあシンプルに朝の時間が増えたというのもそうなんですが、一日二食にしたことで時間の使い方が変わって、朝の時間が増えたという方が自分は近いかも。

 

どういう事かというと、朝ご飯を食べるとひと段落ついてしまうからですね。

 

お腹いっぱいなので、エネルギー的には充填されている状態だと思うのですがなんとなく「はあ」と気持ちが落ち着いてしまい、次に移りづらいのです。

 

でも、朝食を食べないことでそういったひと段落がなくなり、朝起きたらそのまま椅子に座ってPCを開くという流れができ、相対的に時間が増えたなと感じています。

 

特に体調が悪くなったとかはない

これは気になる方がいるかもです。体調が悪くなったとかはないですね。

ただ、始めて最初の頃は空腹感に慣れなかったりして、お腹が変な感じがするなと思うことはありました。

 

でも、風邪をひきやすくなったりなど、免疫が弱くなったなあと思うことはありませんでした。(一度も風邪ひいてないよ!)

 

✔でも栄養はちゃんととった方がいいよ

でも、だからと言って昼夜も手を抜いたとかではないですし(でも夜は割と雑かも、、、)

 

体調は人それぞれなので昼食と夕食で野菜などの栄養をしっかり摂ることをお勧めします。

朝食抜いて栄養バランスが崩れ、体調悪くなったんじゃあ元も子もないと思うので。

 

 

一日二食で感じたデメリット

次にデメリットを紹介していきたいと思います。

(すみません、お腹関係のデメリットしか思い浮かびませんでした…)

 

やはりふつうにお腹が空く日はある

特に、一日二食をスタートして最初の頃は、毎朝お腹が空いてました。

 

講義中、「グ~」となるお腹をひたすら抑えてました笑

 

とは言いつつも、人間慣れるので、2、3週間ぐらいしたら体が空腹に慣れました。

「あぁ、お腹空いてるなあ」とは思うけど、食欲はふつうに抑えられる感じです。

 

✔お昼ご飯を食べすぎてしまう日がある

やはり朝、食べないと午前はずっとお腹が空きっぱなしなんですよね。

 

結果、お昼の暴食をしてしまう日もありました。そして、お昼めちゃくちゃ眠たくなる、もしくは普通にお腹を壊すってのがテンプレです。

 

朝を食べない分の量を、お昼や夜ご飯でカバーするのは胃に負担がかかるのでやめた方がいい気がします。

 

 

✔急に朝食を摂ったらお腹をぶち壊した

一日二食の生活を始めて、たしか2週間ぐらい経った日ですね。

家にパンが残っており、食べて欲しそうにしていたので、食べてしまったんですよね。

 

そしたら、、、ゴリゴリにお腹を壊しました\(^o^)/オワタ

(パンは腐ってなかったです、、、)

 

その日は朝からテンション下がってしまいました。

 

なので、この経験からぼくが言えることは、朝食抜きの生活を始めてみて、どうしてもお腹が空いて我慢ができない日でも、少量に抑えましょうということですね。

 

じゃないと、きっと胃がびっくりしてしまうので。

 

 

まとめ

今回はこんな感じで終わりです。

ぼくとしては、お腹をぶち壊した日もありましたが、朝の眠気が消えて集中力が上がったので継続できてよかったなと思います。

 

ぼくと同じ様に、午前中は勉強をがんばりたい、講義中寝てしまうの何とかしたい、という方は継続してみる価値はあると思います。

 

 

継続のコツは習慣をつくるコツを紹介します【大きく6つです】にまとめてありますので、よったら読んでみてください。

 

 

でも、ぶっちゃけ見直すと、お腹が空くことによる影響しか書けなかったですね笑(すみません)

もうしばらく継続して感じたりすることがあったら追記していこうかなと。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。