モノ

【無印良品】購入品をゆるく紹介【美容にも挑戦】

こんにちは、ミニマリストかるみです。

今回は、先週、無印良品での購入品をご紹介していきたいと思います。

3点ほどしか買っていないので2,3分で読めるかと思います。

ゆるくお読みください。

 

【無印良品】購入品を紹介します【3点】

では早速ご紹介していきます。

 

初めての化粧水

1つ目は化粧水です。お値段は580円

買った理由は、すみません、完全なお試し感覚です。

 

ぼくは、そこまで肌の調子が良いというわけではないため、ケアに気を遣ったらどうなるかなという思いと、メンズ美容も流行りだしているという理由による、完全に勢いでの購入です。

かるみ
かるみ
あまりミニマリストらしくない

 

とはいえ、ぼくはそれほど肌ツヤが良いわけでもないのに、お顔のケアに気を遣ってきませんでした。

ですので、お風呂上がりだけでも、保湿とかすれば調子が良くなるかなあ、と思ったところもあります。

それに加え、普段は水洗顔しかしていないので、違う方法で肌をケアしてみようという思いもあります。

水洗顔とは洗顔剤を使わないでお湯だけで顔を洗うことです。

 

その理由は、ぼくの場合、洗顔して汚れを落としているはずなのに、逆に肌荒れするからです。

ググったところ、顔の脂成分を落としすぎている説があるとの情報。

本当にそれが正しいか確信はないですが、まあリアルに肌荒れは起こすので、普段はしていません。

 

なので、とりあえず「保護するし顔面に良さそうかな、、、」という考えで買いました。

 

どういう効き目があるかは、これからググりつつ、自分の顔面に塗りたくりつつ検証していきたいと思います。

今回は、気になっていたし、まずは試してみる、という思いが強めの買い物でした。消耗品ですし、たまにはアリ。

 

ちなみに、さっぱり、しっとり、高保湿の3種類のタイプがあったんですが、ぼくは寒くなると少しだけ乾燥肌になる気がするので、季節的に、真ん中(?)のしっとりにしました。

 

乳液

2つ目は乳液ですね。お値段は580円

これは、化粧水の横にあったので、合わせて購入。

(化粧水と乳液は必ずセット…!という概念がありました)

効き目は、、、すいません、知らないまま買いました。(天下のGoogle先生に聞いていただけると助かります)

 

イメージとしては…

「乳」という言葉のクリーミーな感じと大いなる母の温もり、安心感を与えてくれそうな感じが肌をしっとりと包みこむ(はず)なので、きっとお顔にも良いにきまってる…!

 

ちなみに「乳液は化粧水を使った後に塗るんだよ」と、教えてもらったので使い方は一応わかります。

逆にいうと、現状、使い方しか分かりません。

これも塗りたくりつつ、検証必須です。

 

針が細い画鋲

3つ目は、針が細い画鋲です。お値段は150円。(急に変化球)

普通の画鋲と比較してみました。(右:無印)

こんな感じでかなり細い。

これは、自分が壁に穴を開けたくないけど、とはいえ張り紙をしたいという思いから買いました。

目立たないとはいえ、壁に穴を開ける行為自体があまり好きではないんですよね。

なので、細い画鋲にして心のダメージを最低限抑える作戦です。

実際に、穴を開けて大きさを比較してみましょう。

…無印の方を完全に見失いました。さすが良品。これならガンガン使えそう。

でも、ここで一つ注意点です。

それは、針が細い分、あまり重いモノを下げられないという点です。これは割と注意。

自分は紙一枚なので大丈夫そうですが、リュックとかをぶらさげたい場合は、ちょっと他を当たった方が良いです。

 

まとめ

かなり少なめの分量ですが、今回はこれぐらいで。

実は無印を買うのは久々なんですよね。

買って思ったのは無印良品は「まちがいない」という安心感を得られることです

化粧水と乳液はミニマリストらしからぬ理由で買っちゃいましたが、それでもかなり満足。

画鋲はいうまでもないですね。

これからも、無印良品にお世話になりつつ、かるみなりのミニマルライフを送っていきます。

拙い文章を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【無印良品】真っ白お肌のアロマストーンをレビューします こんにちは、ミニマリストかるみです。 今日、紹介するのは無印良品のアロマストーンです。 みんな大好き...