雑記

LINEをメモ代わりにする方法【そのまま真似できます】

こんにちは、ミニマリストかるみです。

今日は、「メモ」についてのお話です。

メモというのは大変便利で、買い物リスト、勉強、日記、ふと思いついたモノなど、あらゆることをちょちょっと記録出来ます。

 

皆さんの中には、アプリでメモをとるという人もいるでしょう。

もちろん手書きの方も。

 

電子メモ、手書きメモどちらにせよ、メモアプリをインストールしたり、メモ帳を用意したりと一手間加えなければなりません。

しかも、始めたばかりだとメモ自体に慣れておらず、忘れてしまったり、めんどくさくなってしまうことが多々あるでしょう。

 

もっと、「メモのハードル」を下げられないかなあという方に向けて、今回は、一日何度も開くであろう、「LINEをメモ代わりにする方法」をお伝えします。

 

LINEをメモ代わりにする方法【そのまま真似できます】

早速LINEをメモ代わりにする具体的な方法について話します。

先に要するに何をするかというと、「自分しかいないグループ」を作ります。

 

ここから解説です。

1.「友だち追加」のマークをタップ

2.「グループ作成」をタップ

3.「友だちを選択」で「次へ」をタップ

4.「グループ名(メモの名前)」を決めて「作成」をタップ

5.「グループ」から作ったグループを探して早速メモを始めましょう

 

1.「友だち追加」のマークをタップ

 

まず、画面右上の人のマーク、「友だち追加」のマークをタップします。

 

2.「グループ作成」をタップ

次に、「グループ作成」をタップします。

 

3.「友だちを選択」で「次へ」をタップ

 

ここでは誰も選択せず、そのまま「次へ」をタップします。

 

4.「グループ名(メモの名前)」を決めて「作成」をタップ

 

メモ専用グループの「画像」、「名前」を決めて「作成」をタップします。

メンバーのところは触らなくてオッケーです。

 

5.「グループ」から早速作ったグループを探してメモを始めましょう

「グループ」から作ったグループを探し、「トーク」をタップすればすぐにメモとして使うことが出来ます。

グループの人数もちゃんと「自分ひとり」になってますね。

以上です。

 

30秒足らずでおわります、ぜひ作ってみてください

ちなみに、自分の使い方としては、重要まではいかないけど忘れられないこと(重要なことはぼくは手書きで管理する派です)、友人の誕生日、あとで見直す写真、スタンプの試し打ち、画像読み取りからのテキストの翻訳…など、用途は様々です。

(あとは、好きな人にラインするときの文章を考えたりなんかにも使えますね…笑)

 

写真なども送信するだけで後から簡単に見れるので、テキスト以外もメモできる点が個人的に、とても魅力的に感じています。

 

この記事を読んで、「ちょっと作ってみようかな」と思った方は、早速LINEを開いて下さい。

思った以上に快適なメモライフが待っているかもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

https://karumiblog.com/post-206/

https://karumiblog.com/post-182/