ミニマルライフ

【2分で分かる】財布の中身を減らす4つのメリット

こんにちは、ミニマリストかるみです。

 

今回は、財布の中身を減らす4つのメリットについてお話していきます。

 

 

財布の中って不要なレシートや、めったに使わないであろうカード類でいっぱいだったりしますよね。

 

以前の自分はその典型例でした笑

 

財布の中をきれいにしたいけどタイミングがない…、財布の中身を減らすメリッが知りたい!減らしたら何かいいことがあるか知りたい!

 

 

これらの悩みが記事を読むころには解決して、

 

かつ、実際に行動に移せていることを願って書いていきたいと思います。

 

 

 

財布の中身を減らす4つのメリット

1.開いた瞬間、どこに何があるかわかる

2.お会計時にごちゃごちゃしない。

3スマートにみられる

4.キャッシュレス支払いを意識するようになる。

 

1.開いた瞬間どこに何があるかわかる

これは主にカード類ですね。

 

財布を開いてみましょう。

 

ひと目で、どこに何のカードがあるかわかりますか?

 

分からない方は、いざ、お店で使用するとなった時に探すのにとても時間がかかるのではない

でしょうか。

 

それではお店の店員さんに迷惑です。

 

さらには探した挙句あきらめる。。。なんて場合も。

 

結構恥ずかしいですよね。

 

しかし、中身を制限すればそんな悩みは解決します。

 

また、財布がすっからかんというのは思ったよりも爽快で気持ちがいいものですよ。

 

そしてさらには、財布を開くたびに清々しく思えるので心にゆとりが生まれます。

 

 

2.会計時にごちゃごちゃしない

お会計をする際、たいていの人はまず財布を開いてそこから現金やカードを出すと思います。(最近はそもそも財布をもたない方もいますが…)

 

不要なカード、レシート、現金が多いと、探すのにめちゃくちゃ手間取りますよね。

 

特に大量の硬貨が入っているときなど、

 

「1円玉が1…2…3……、あれ?一枚ない、じゃあ10円でいいや。」

 

なんてよくある話だと思います。

 

多くの人が最低一日一回はお店でモノを買います。

 

 

つまり一日一回はお会計をするということです。

 

 

毎日する行為だからこそ、快適を追求する価値は十分にあります。

 

3.スマートに見られる

財布の中がきれいなだけで、スマートに見られます。

 

特に、友人とご飯を食べたあとのお会計なんかを想像するとわかりやすいでしょう。

 

レジで財布を開くとき、チラッと中が見えてしまうことがありますよね。

 

そこでポケットにぎっちり詰まったカード類や溢れたレシート、が見えてしまうと…

 

「何も思わないor財布きったないな」

 

のどちらかの感情を抱くと思います。

 

何も思わないならまだいいのですが、そこで財布きたないなと思われたらいやですよね。

 

でも逆に、中身がすっきりしていたらどうでしょう。

 

悪い感情はもちろん持つはずがなく、

 

 

「この人余裕がありそうだな、細かいところに気を配れるんだな」など、

 

良い印象を持つと思います。

 

財布を見た友達が「お前、財布の中身すごいきれいじゃん」と言ってくるような状態を目指す

といいかと思います。

 

 

4.キャッシュレス支払いを意識するようになる

キャッシュレスとは、その名の通り、現金を使わない支払い方法。

 

つまり電子決済(Suica、楽天Edy、LINE Payなど)のことで、国も推めている支払い方法です。

 

 

その魅力に財布の中身を減らすことで気づくことができます。

 

財布をきれいにしたとしても、現金を捨てるわけにはいかないので、おつりが多く発生したと

きなどは一時的に財布に残ります。

 

しかし、キャッシュレスにするとその心配がなくなります。

 

 

今はまだ現金が主流ですが、いずれにせよキャッシュレスが主流になる時代が来ると思います。

 

財布の中身を捨てることで、

 

これからの時代(キャッシュレス時代)を意識して生活できるようになります。

 

そして、早めに生活に組み込むことで将来的により生活しやすくなるでしょう。

 

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

財布の中身を捨てるメリットがわかっていただけたでしょうか。

 

ぼく自身、ミニマリストになってまだ数か月ですが、財布の中身を減らして

得られた恩恵はかなり大きいです。

 

メリットは自分の体験からひねり出したものですが少しでも心に響くものがあれば、

 

ぜひ実行してみてください。

 

 

今回は以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

続けて読んでほしい記事です。
【財布の中身を減らす方法】