雑記

【深夜の謝罪と日常の所作に気を払うことについて】

こんにちは、ミニマリストかるみです。

 

現在、6/30の日曜、AM3:17です。

 

早速なんですが、ぼくは今とても疲れている。

 

朝8時から12時まで慣れないブログを書き、14時から19時まで英語の論文を読んでB4用紙2枚にまとめ、さらに20時から25時まで、飲食店でのアルバイトに勤しみ、、

 

気づけばこんな時間な訳である。

 

Twitterでもつぶやいたのですが、明日というか今日は昼から夜(たぶん22時とかかな)まで友人と遊びます。

 

友人と遊ぶのは久しぶりなので結構楽しみ。

 

そんなわけで、ブログを書く時間が無くなりそうなのです。

 

ストックらしきものは一応あるのですが、いかんせん抽象的なものがおおくて、書くのに時間がかかるんですよね。

 

まあ一番は自分の能力のなさが原因なんですが。

 

でもしかたない!!

 

なんせ、いつも記事一本書いて投稿するのに6、7時間もかかってるんですから、、、

 

書くスピード遅すぎて泣ける。

 

ええ、才能はないですね間違いない。

 

でも継続は才能なくても出来るはずと思ってる次第です。

 

話がぶっ飛びました。つまり何が言いたいかというと、

 

記事は書きたいのに(連続更新したいした過ぎる)、明日(今日)書く時間がどうしてもとれなそうなのです。

 

いうて時間くらいあるだろと言ってくださる方。

 

すみません。どうあがいても6時間はありませんでした。。。泣

 

まあ、もしかしたらいるかもしれない、自分の記事が好きな方には大変申し訳ないことをしてるなというのは、ひしひしと刺さるほど感じています。

 

でも、まあ記事を更新できるのは自分にとって喜びがおおきいので、

 

そこで、今回は自分でハードルを下げて、思いついたことをそのままつらつら、日記のように並べてみるというスタイルをとってみました。

 

本当に思いつくままに書いています笑

 

下書きというか本番というか、とりあえずこれが、これまでまじめに書いてきたブログ記事たちの間にこれがスッと入り込むわけです。

 

こんなに冗長に語る記事、一度も書いてないので、他の記事とのギャップがすごいですよね笑

 

まぁより、かるみらしくしゃべってるとでも思ってください。

 

 

まあいくら記事のハ-ドルを下げて更新したいからという目的があっても、さすがにぼくの自分語り(時間が無いのでブログがかけない言い訳)ばかりを聞かせてしまうのは本当に時間の無駄だと思うので、何か話しましょう。

 

さっきお風呂で何がいいかなって考えていました。

 

結果、日常の所作に気を払ってみよう

 

なんていう話題なんてどうかなと思いました。

 

ちなみに自分のなかで主張は特にないです。書きながら自分も考えていきます。

 

所作でググったところ、、「ふるまい」や「身のこなし」と出てきました。つまりは行動の一種です。

 

本来の定義からずれるかもしれませんが、この記事の中では、「さりげない動作」として扱ってみます。

 

つまり、日常のさりげない動作に気を払ってみようと言うことです。

 

例えば、

 

相手の目を見てしゃべる

 

普段以上にスロートークを意識する

 

足音を立てて歩かない、

 

ドアを静かに閉める、

 

信号が黄色になっても走らない

 

そもそも日常生活で運動目的以外で走らない、、、などがあるかと思います。

 

どれもさりげない動作なので、意外と意識はできていないはず、、、

 

むしろ意識する必要すらあまりないですよね。

 

別に、これができなくてもそれほど日常生活に影響与えなそうですし。(特に黄色で走らないとかそうですよね)

 

でも、ぼくが言いたいのは、逆にここを意識しようということです。

 

所作を意識することで生活が変わると思うからです。なぜかと言うと、それぞれの所作同士は関連性が高く、日常の中に無限にあるといえるからです。

 

感情から動作が生まれ、動作から感情が生まれるのです。

 

例えば、朝というくくりで見てみましょう。

 

今日だけは目覚まし通りに起きてみる、カーテンを開ける、朝からSNSは見ない、アイロンのかかったシャツを着る、余裕を持って家を出る、などですね。

 

一つ一つは関連性がなさそうですが、朝というワードからなんとなく、日常の流れとして意識すれば関連性が見えそうじゃないですか

 

もう4:13で眠すぎるので言葉にするのはあきらめますが、良かったら考えてみてください。そして感想をりぷでください(わがまま)

 

自分のなかで結論をだすとすれば「要するに気持ちの良さそうなことをする」ですかね。

人間の共通認識としてきもちのよさそうなことを日常の所作に見いだしてみることです。

 

…まあ、答えはおのおのです。

 

もう寝ます。お休みなさい。

 

 

 

こんなわけのわからない内容の記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

こんな記事もどうですか??

【無印良品のアロマストーン個人的には好きだという話】

【THERMOSのタンブラーが最高だったという話】

【「律速」を意識するのが人生において超大事だという話】