モノ

【持ちもの紹介】ぼくのBluetoothイヤフォンを紹介します【HV-368】

 

こんにちは、ミニマリストかるみです。

 

2カ月ほど前、初めてコードレスのBluetoothイヤフォンを買いました。

 

 

名前はHV-368です。

 

買った理由としては、いままでどうせなくすからと(かるみは今まで5個以上失くしてます)100均のイヤフォンを使っていたのですが、

 

ミニマリズムに感化され、モノを減らしたところ、「あ、もうなくさないわ」と思ったので購入に至りました。

 

感想としましては、

 

「ナニコレ、こんな便利なら1年ぐらいまえから買っておけばよかった」

 

という感じです。

 

早速ご紹介していきます。

 

 

【持ちもの紹介】Blutoothイヤフォン HV-368

早速紹介していきます。見た目はこんな感じです。

 

 

 

 

飾のないミニマルなデザインがかなりいいです。

表面は少し光沢があり、爪でひっかいても削れない肌触り。

 

イヤフォン部分も適度に重く、走ったりなど、運動をしている場面でも飛んでいってしまうことはなさそう。

 

 

お値段

値段は参考価格が20,780円ですが、実際は4,980円です。(9/5 現時点)

 

かなり割引されている、、、ぼくはこれがAmazon Primeセール限定価格だと思い急速にポチりました。

 

でも、年中安いみたいですね。

まあさすがに20,000円もするのだからそこらのBluetoothイヤフォンよりかはかなりいいはずと思っています。

 

 

現に高評価レビューも数多く、みなさん納得の商品のようです。

 

 

機能をまとめました

以下に機能をまとめました。

 

Bluetooth 5.0

ノイズキャンセリング

ハイファイステレオ

防水

片耳/両耳

モバイルバッテリーとして使える

Google/Siriが呼び出せる

 

Bluetoothのバージョンは最新の5.0と安心感があります。

 

また、個人的にはノイズキャンセリング防水、モバイルバッテリーとして代用できるという特徴がかなり良いと思うので、後ほどご紹介していきます。

 

【HV-368】便利だなと感じた点

使っていて便利だなと感じた点は以下の通りです。

 
◎コードレスなので邪魔じゃない
◎自動でペアリングしてくれる
◎密着性が高く、周囲の音が入ってこない
◎モバイルバッテリーとして使える
◎防水なので雨でも大丈夫
◎10 mくらいまで音楽が届く

 

 

コードレスなので邪魔じゃない

Bluetooth初心者のぼくにとってこれは革命的過ぎる。

 

当たり前ですがコードがないので邪魔にならない。

 

例えば、音楽をききながらスマホをいじりたいとき、コードが画面をよぎっていちいちどかす、といったことがない。

 

音楽に集中できる。

 

カバンに入れても絡まらない【超便利】

ぼくは時間が無いときなど、イヤフォンを巻き取らずカバンにポイっと投げ込みがちだったので、

 

カバンで「釣り糸か、、、」てぐらい絡まっていることがそこそこありました(`・ω・´)

 

でも、コードレスならなんと絡まらない、、、当たり前ですが控えめに言って神(大げさ)

 

自動でペアリングしてくれる

自動でペアリングしてくれます。

ペアリングっていうのはイヤフォンと端末をBluetoothで繋ぐことです。

 

自動ペアリングの手順としてはこうです

1.端末側(iPhoneなど)のBluetoothをONにする。

2.ふたを開き、イヤフォンを取り出す。

 

この2ステップで接続できます。すごく簡単で速い。

 

iPhoneだったら、下からバナーを引っ張ってBluetoothのアイコンをタップするだけでOKです。

 

 

わざわざ設定にいってBluetooth端末を選ばなくてもいいんです。

 

手が空いてないときでもサッと接続できるので魅力的。

 

 

密着性が高く、ノイズキャンセリングで周囲の音が入ってこない

イヤフォンが耳に密着しやすい構造かつ、ノイズキャンセリング機能のおかげで、周囲の音が本当に入ってこない。

 

 

こんな感じです。わかりにくいですが、しっかり耳にフィットしてます。

 

かるみは研究室でつけていたところ、先輩の呼びかけをめちゃくちゃスルーしてしまいました、、、

 

でもこれは電車の中だったり、人混みで使えばかなり効果を発揮する気がします。

 

雑音をシャットアウトし、好きな音楽に入り浸ることができる。

 

モバイルバッテリーとして使える

USBポートがあるため、モバイルバッテリーとしても使えます。容量は2000 mAh。

 

外出先でモバイルバッテリーとイヤフォンを持ち歩く必要はもうありません。これ一台で十分です。身軽にくらせます。

 

防水なのでスポーツや雨でも大丈夫

防水機能がついているので、汗や水しぶき、突然の雨でも壊れません。

 

よくジムで運動するっていう人は念のための防水機能ほしいですよね。

コードレスで運動の邪魔にもなりにくいし、かなりおすすめです。

 

10m先まで転送できる

音楽の転送がだいたい10 mくらい届きます。

 

なので、アパートとかなら部屋にスマホを置いたまま家じゅう歩き回ることができます。

 

いちいちスマホ片手にキッチンに~といった面倒は解消されます。

 

 【HV-368】あともう少し…なところ

この時点でかなり素晴らしいですが、もう少し改善できたらなという点も紹介しておきます。

 

カバーがもろそう

コスト削減のためですかね、カバー(フタ)が弱そうなんですよね。

 

プラスチックかつ強く止められているわけでもなさそうなので、奥に力を加えたらパキッと折れそう。

 
とはいえ、優しく扱えばなんの問題もないので、あまり気にしなくてもよさそうです。むしろ自分は大事に扱うきっかけになるなあなんて思ってます。

 

ケースにはめるとき左右を間違えるときがある

ケースにはめるとき左右を間違えるときがあります。

デザインがかなり似ているので。(それはそうですが)

 

特に、いったん耳から外して机に置き、リュックからケースを探して、ポケットにはめるといった際、逆になってしまうことが多いです。

 

先にケースを出しておいて、右耳は右ポケットへ、左耳は左ポケットにはめるという当たり前のことをすれば解決です。

 

途中で充電がなくなると聞けなくなる

Bluetoothイヤフォンの宿命ですが、音楽を聴いてる途中でバッテリーが切れることがあります。

ちなみに、これは約4時間ほどもちます。

 

長いか短いかはひとそれぞれですが、ぼくは4時間ぶっ続けで音楽を聴くといったことはないので割と十分かなと思います。

 


 

 【HV-368】総じてかなりいい商品だと思う

メリットデメリットもあげつつの紹介でしたが、デメリットはほぼすべて気にならない程度で、全然カバーできるのでメリットが多い、かなりいいイヤフォンなのではと思います。

 

使っていてとても満足しているのでこれからも好きな音楽を聴き倒していきます ^^

最後まで読みいただきありがとうございました。

関連記事