ファッション

【同じ服を10着買って、2週間生きてみた】

こんにちは、ミニマリストかるみです。

 

今回は、同じ服を10着買って2週間生きてみた感想を書きます。

 

ちなみにミニマリストしぶさんは、同じ服を3年間着る生活をしていたそうです。すごい…

 

 

自分はミニマリズム精神に魅力を感じ、まだ数か月しかたっていないため、初めから

 

「よし、一年これで生活しよう」と思うには不安がありました。

 

 

そこで、お試しという感じでとりあえず、それほど高くないTシャツで2週間生活してみるか

と考えました。

 

 

そこで短い期間ですが、なるべく同じTシャツを着て生活してみた感想を書きたいと思います。

 

 

 


同じ服を買って生活したらどうなるんだろう。実際、同じ服を買ってみたらメリット、デメリット何があるのだろう。そういえば、スティーブジョブズなどのクリエイティブな人が実践していたよね、なぜだろう?
 

 

 

 

もくじ

・実際に購入した服

・メリット、デメリット

・こんな人は同じ服を買うべき

 

 

・なぜ同じ服を買ったのか

大きな理由は、朝の無駄な思考を減らしてやりたいことに集中するためです。

 

ここで、世界で活躍している、していた経営者に焦点を当てます。

 

Appleのスティーブ・ジョブズやWindowsのビル・ゲイツ、Facebookのマーク・ザッカーバーグなどです。

 

スティーブ・ジョブズは黒のトップスにジーンズ、足元はニューバランス、

 

マーク・ザッカーバーグはグレーのTシャツにジーンズ、、、

 

というように、とことん朝の服選びを簡略化、自動化していることがわかります。

 

これは、他の、より重要な決断で脳をフル回転させられるようにするためです。着る服を固定

することで、無駄な思考を減らし、極力脳を使わず、自分がやりたいことに集中してエネルギ

ーを注ぐことができるのでしょう。

 

 

また、朝は脳みそがフレッシュであるという観点からみると、脳科学者の茂木健一郎氏はこん

なことを言っています。

 

 

「朝の3時間」は、最速で仕事がはかどるゴールデンタイム

・脳科学的に見ても、朝の脳の状態は1日のうちで一番冴えている

・睡眠をとることで、記憶が整理され長期記憶へと変わります。すると朝の脳は前日の記

憶がリセットされるため、新しい記憶を収納したり、創造性を発揮することに適した状態

になります。この脳の仕組みが、朝の時間がゴールデンタイムだと言われる理由です

引用元:https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3360

 

 

この記事からわかる通り、朝の脳は、とても新鮮で、頭を使わなければならない作業に向いているといえます。

 

実際に自分も、朝は7時に起きて、3時間ほどブログを書いています。

 

この時も、自分が最も頭を使う「構成」を考えるために使います。そして夕方は主に記事の見た目など、本文を考えるよりかは頭を使わない作業をします。

 

ここで実際に、着ていく服を選ぶのにかかる時間をだいたいイメージしてみてください。

自分の場合、服はけっこう好きな方なので選ぶのになんだかんだで10分とか、かかってしまう

 

ときがあります…長い、、でも中にはそういった方もいるかと思います。

 

人によっては10分くらいいいじゃんと思うでしょう。

 

しかし、これは脳がリフレッシュされた「朝の10分」なのです。価値が違います。

 

自分は、その10分を本当にやりたいことに使ってみたいと強く思い、同じ服を買ってみること

にしました。

 

・実際に購入したもの


【10枚セット】ヘビーウェイト Tシャツ|TRUSS(トラス)

https://zozo.jp/shop/tokyotshirtst/goods/34585208/?did=59673976

 

 

色は黒です。

 

なぜこの服にしたかというと、シンプルにコスパですね笑、zozoセールで半額で買いました。

 

あと自分はシンプル目の服装がすきなので、これでしばらく過ごしてみることに決めました。

 

 

 

・同じ服で生活するメリット、デメリット

 

メリット

・朝の服選びの時間が消滅。朝から選択疲れしなくなった

・服を捨て、自分が本当にすきな服がわかった

 

デメリット

・いつも同じ服だねと言われる

・夜寝るときも着てしまうと、朝起きてそのまま出かけてしまうことがある

 

・朝の服選びの時間が消滅。朝から選択疲れしなくなった

これが一番大きな魅力だと感じました。

 

朝から、服選びで迷いたくないという目的が達成されました。

 

朝起きたら、袖を通す服が決まっているラクさが心地よすぎます。

 

正直、いろんな服の前で今日はどの服とどの服を合わせようかななどと、迷う楽しさもありま

すが、その迷いを取り除いた快適さの方が楽しさに勝りました。

 

また、反論として、寝る前に翌日着る服を選んでおくと朝、スムーズに出かけられるといった

意見を出しておきます。

 

実は、ぼくもそれを意識して生活していた時期が合ったのですが、それやるのって、本当に一

日を終えた最後の最後ですよね。

 

疲れがたまった頭で翌日の服を決める、とあって、忘れてしまうことがしょっちゅうでした。

 

実際にそういう人ぼく以外にもいそうですし、、、

 

そして、朝、服を選ぶので、脳ミソを消耗してしまうという、、

 

しかし、同じ服を着るようになってからそういった悩みもなくなりました。

 

なんせ、もう服を選ぶ必要がないのですから。

 

正直、ぼくはこのおかげで朝、学校に行くのが数十分早くなりました。

 

「朝の10分」どころの話じゃありませんでした笑

 

 

つまり、いいことって他の行動にも影響を及ぼすと思うんですよね。

 

朝起きて、テレビをつけ、歯を磨いて、顔洗って、着替えて、という流れがとてもスムーズに

いくようになりました。

 

おかげで今では朝の余った時間と、脳ミソを効率的に使うことが出来ています。

 

 

朝の生産性が爆上がりしました。

 

・服を捨て、自分が本当にすきな服がわかった

同じ服を着るようにしてから、他の服を捨てるようになりました。

 

同じ服だとしても、迷いを捨てるという考え方次第では満足な生活が送れると言うことに気づ

きました。

 

それによって、本当に必要かどうかあやしい服が目に入るようになりました。

 

3年前くらいに買ってえりのよれたTシャツ、

 

昨年の冬、一度も着ていないアウター、

 

そのときはめちゃくちゃほしいと思って買ったが数回しか着ていないシャツ、

 

なかなかに合わせづらいプリントTシャツなど、、、

 

今まで見て見ぬふりをしていた洋服たちを別になくてもいいものだと強く認識することができ

ました。

 

また、こういった服が目に入るたび、あぁこんな服もあったんだ、今度着てみようかなといっ

た迷いが生じます。

 

 

どうせ着ないのに。

 

 

ぼくの場合は、ない方が、捨てた方が豊かに生きれると感じました。

 

同じ服を着ることで、服の断捨離がはかどります。

 

おかげで今では、お気に入りの服ばかりに囲まれて暮らせています。

 

 

・いつも同じ服だねと言われる。

これが一番の問題ですし、いずれ必ず言われます笑

 

それを気にするかどうかは人それぞれだと思います。

 

全く気にしないよと言う人もいれば、ストレスに感じる人もいるでしょう。

 

同じ服ばっかり着ていて、あの人不潔そうだなあ、、、など思われそうと考える方もいるでし

ょう。

そういう方は要検討ですね。

 

・夜寝るときも着てしまうと、朝起きてそのまま出かけてしまうことがある

ぼくはこのTシャツを部屋着として兼用しているので、夜そのまま寝てしまうことが割と

ありました。

 

そして、着替える前も着替えた後も変わらないので、朝起きて着替えるのがめんどくさいから

そのまま学校に行ってしまうという、、、たまにあったんですよね笑

 

こればかりは正直不潔ですよね。猛反省。

 

でも実際、これが一番朝の流れがスムーズという点では間違いないです。

 

着替えようという頭すら使ってないですからね。(論点ずれそう、、、)

 

将来的には繊維が抗菌作用をもっている、などのミニマリスト向けの汚れない服ができてほしいです笑 (論点ずれた、、)

 

 

 

・こんな人は同じ服を着るべき

 

・服選びで、朝から脳をすり減らしたくない。

・服を選ぶのがめんどくさい

・朝のながれをスムーズにして時間を有効に使ってみたい

 

 


 

以上が、ミニマリストかるみが2週間同じ服を着続けた結果でした。

 

今回は、リンクを初めて挿入してみました。ここが変だったよなどという意見があったら

@karuminimalist まで言ってくれたらうれしいです

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

こんな記事もどうですか↓↓↓

【「律速」を意識するのが人生において超大事だという話】
【思考法】モノを買う直前でやめて、それでも満足する方法 
【紹介】ミニマリストのデスク周りってどんな感じ?

関連記事